洗面所の排水管が壊れて床一面が水浸しに!

ある程度の長い年月を過ごしてきた家であれば、一つや二つくらいの水トラブル体験談があるものだと思います。しかし、そのトラブルもご家庭によってレベルの強弱があるのも事実でしょう。皆さんの家では水回りのトラブルが起こっていてもそれほど大きな事件ではなかったとしても、うちで起こったトラブルはかなり大事件だったということも十分ありえます。そんなうちでの大事件とも呼べる水トラブルの一例をお話しさせていただきましょう。

うちには新築当時から使用していた洗面所が存在しています。その洗面所は新築当時はかなり高額な費用をかけて取り付けたものでしたので、当時は水回りのトラブルが起こるだなんて思いもしませんでした。しかし年月が経過すれば状況もガラッと変わってしまうもの。その洗面所で幾つかのトラブルが見受けられるようになりました。しかし、大事件となったのはそれまでトラブルとして見受けられてはいなかった排水管の部分だったので、事態はかなり深刻なことに。というのも、そのノーマークだった排水管が壊れて床一面が水浸しになってしまったのです!

水浸しの度合いがどれくらいのものかというと、ちょうどバスタオルが二枚ほどまるまる入ってしまうくらいに水が広がり、そして排水管の水であることからちょっとだけ床が汚くなっているという状況でした。洗面所の排水管でしたので他の水回り設備の排水に比べて綺麗な水ではあると思いますが、あくまでもそれは多少の差がある程度。漏れ出してしまった排水を拭き取った後に、殺菌のためアルコール消毒を行うという念を入れた対処を行わなければなりませんでしたので、かなり大変なトラブルであったことを覚えています。

排水管が壊れてしまうと大変なトラブルが起こるわけですから、水回りは大切に扱わなければなりませんね。あまりこんなトラブルエピソードを積み重ねる趣味もありませんので、配管チェックを怠らないようにします。