トイレの詰まりを防ぐためのポイントとは?

トイレというのは、毎日使うものでもあるのでいざ故障して使えないともなると大変でしょうね。もしそうなると、隣の家のトイレを借りるということでもしないといけないのですが、それも何だか恥ずかしいしあつかましい感じもします。そうはいっても我慢するワケにもいかないので、近所にあるコンビニのトイレや公園のトイレでも借りるしかないでしょうね。ところで、トイレのトラブルで最も多いのが、給水タンクから出てくる水が止まらないというトラブルや便器が詰まるというトラブルのようですね。とくに、便器が詰まるというトラブルが発生した場合には、汚物が便器から溢れ出してくるのでその処理だけでも大変でしょうね。

トイレのお掃除 | 柏 水漏れ!修理110番

そこで、トイレの詰まりを防ぐためのポイントについてご紹介してみたいと思います。そもそもトイレが詰まるというのは、その原因の多くが流してはいけないものをつい流してしまったとか、流してもいいハズのトイレットペーパーを一気に大量に流してしまったといったことなどのようですね。例えばトイレットペーパーを買い忘れたので、ついボックスティッシュを代用するということはあり得ない話ではないでしょうね。ところがボックスティッシュは、そもそも水には溶けるようにはできていないので排水管のどこかで詰まってしまうかもしれませんね。あるいは、赤ちゃんの紙おむつをトイレに流したという方もいらっしゃるかもしれませんね。そうしたことをしていると、流してすぐに詰まるということはないかもしれませんが、そのうちに詰まってしまうでしょうね。

それから、トイレットペーパーを大量に流すのもダメらしいですね。とくにウォシュレットが付いていないトイレの場合、やたらにトイレットペーパーを使ってしまうことがよくあります。一方、ウォシュレットが付いている便器の場合には、一旦お尻をウォシュレットで洗浄するので、トイレットペーパーもさほど使わないで済むでしょうね。