キッチンの排水溝が詰まって皿洗いが出来ない

主婦にとって台所は、水回りの最前線です。材料を用意し、料理を作り、皿を洗う場所であり、お湯や水が多く使われる場所でもあります。

キッチンでは食材の多くが処理されますが、それらの多くがシンクの排水溝へと流されます。油汚れなどをシンクに流さないのはモラルとして認識されているところですが、それでも料理をしていればある程度は流れてしまうものでしょう。また食材の切れ端や食材を煮込んだ汁など、排水溝に流すことで詰まりの原因ともなるものです。排水溝が詰まれば料理どころではありませんが、普通にキッチンで料理をしていれば、排水溝はいずれ詰まってしまいます。
いったん詰まってしまったら、放っておいてもそれが解消されることはまずありません。面倒がってそのまま皿洗いなどを続けていると、シンクがちょっとしたプールのようになってしまうこともあります。これでは皿をきれいに洗ったとしても、決して気分よくはならないところでしょう。

様々な「詰まり」の対処法 / 市川 水漏れ110番修理

キッチンシンクの排水溝を詰まらせないためには、日ごろから掃除を怠らないことが重要です。キッチンシンクの掃除で困るのは、ぬめり汚れなどが付きやすいということでしょう。これらの汚れには生理的な嫌悪感を抱く人も少なくなく、そのためどうしても掃除がおろそかになるという悪循環を生み出しています。

もしもキッチンシンクの掃除が簡単であれば、汚れがたまることも少なくなるでしょう。実はかなり簡単な方法で、キッチンシンクの汚れは大部分を落とすことができるのです。
ポイントは重曹とお酢を使うなど、化学的な掃除の方法です。炭酸水素ナトリウムである重曹は、油分の分解と消毒殺菌効果が期待できます。キッチンまわりに関わらず、多くの掃除で重曹が重宝がられるのはこのためです。これとお酢を混ぜることで化学反応を起こし、より汚れを落ちやすくするというわけです。ぬめりや汚れがある程度落ちれば、掃除もグンと楽になることでしょう。