詰まった排水口の清掃は費用がかかるのか?

我が家では、4〜5年のスパンで排水口が詰まることがあります。そんな時、一度水道業者に修理をお願いしたことがあります。ちなみに私の住んでいる地域では、田舎なので都会とは違って水道業者もそう多くはないのです。従って、水道業者間には競争原理などは働いておらず、確か5万円前後の修理費用を請求されたように記憶しています。もちろん高いので、それ以降水道業者には頼まずに、自分で詰まりを解決したりしています。

一般的には、詰まった排水口の清掃はどのくらいの費用がかかるのでしょうね?気になったのでネットで調べてみたところ、業者によって修理費用も様々なようですが、やはり高くても4万〜5万でしょうね。また、都会などにもなると水道業者も星の数ほどあるのかもしれません。従って、どこの水道業者が安いのだろうか?と大まかな修理費用の見積もりを取ることも可能でしょうね。3社くらいの修理費用の見積もりを取ってから、一番安い業者にお願いするといいかもしれませんね。

それから具体的な排水管内の洗浄方法についてですが、業者によってもいろいろあるようですね。ただし大きく分けると、ワイヤーや高圧洗浄機を使って物理的に洗浄する方法、そして薬品による洗浄方法などに分けられるようですね。こうした排水管の詰まりの原因については、以前私も修理をお願いした際に業者に伺ってみたことがあります。その時の業者が言うには、汚れた排水に含まれているヘドロのような物質が排水管内にこびりついてしまい、徐々に排水管内が狭くなっていくようですね。もちろん、そんな状況になるまで一度も洗浄せずに放置しておいたならば、そのうちに詰まってしまうでしょうね。従って、料理が終わった後に調理器具を洗ったり、食事の後に食器を洗うということだけでなく、たまには排水管内の洗浄掃除もしないといけないでしょうね。そうした日ごろからの排水管内のメンテナンスが大切でしょうね。